シーフロアコントロール×玄海丸 講習会 その2

今回のブログ更新は、前回の記事

『シーフロアコントロール×玄海丸 講習会』


その2です


弘田さんからのアドバイスを実行して釣りを続けていると、、、

WS000006.JPG

アオナ (アオハタ)


小さいですけど、嬉しいです



どうやら今の状況での根魚狙いでは、レクターがハマっているようです


ちなみに今の状況は、0.1ノットほどでほとんど潮が流れていない・・・


そんな状況での上げて落としての繰り返しで、少しでも広い範囲を探るならば、


上げた後に少しテンションを抜いて落とすだけでスライドフォールしてくれる


レクターが合っているみたいです



弘田さんからのアドバイスで、

「ジグを落とす場所を変えたくて、10~30回巻いて落とすのも間違いではないけれど、それだけ上げて落とす間にスルーしたポイントに魚がいた場合、他の人のジグが通ってしまったらその人に釣れてしまいます。」

「だいたい1秒で1回巻いて上げる、を3回やって落とすことをやった場合、1ノットだったら1秒あたり50cmは進んでますので上げで3秒だと1.5m、下げで2秒だと1m、ということは2.5mは移動しています。」

「根魚狙いの場合は、細かい変化を釣っていくので、上げと下げの秒数と、潮や船の流れを意識して、どの程度の範囲を探っていけているのかを認識してください。」

「それができるようになったら、フォールスピードの違うジグへの変更で、状況にアジャストさせます。」




うーん、なるほどーーーーーー


そういった考え方ではやっていませんでしたね

(じゃあ今まで何やってたんだ!ってつっこまれそうですが・・・)



さて、釣果ですが、


皆さん、弘田さんからのアドバイスを実行されてからは、


あらかぶがコンスタントに釣れていて、しばらく根魚釣りを楽しみました


私にはあらかぶ以外に、

WS000007.JPG

小さいマハタなんかも


スローピッチジャークジギングはやっぱり奥が深いなぁ~なんて思いながら、


完全にハマった感の「レクターを3回上げて落とす」に満足していると、、、



3回上げて落とそうかとした瞬間に、


ドラグが

「ジジジッ!!!」


・・・

・・・

・・・


どんな魚が上がったのか!?


次の記事で( *´艸`)



yagou.JPG

>>>>あおぞら釣具 Yahoo!ショップ
>>>>あおぞら釣具 ホームページ

この記事へのコメント